在来種にこだわり続けて20数年。 かたくなに古きよきレンコンの品種を守り続けています。  水の子会
唯一の水中野菜 文章を隠す
  レンコンはとても栄養価の高い野菜です。

その秘密はレンコンが育つ環境にあります。

レンコンは根物野菜ですが、
ニンジンやゴボウのように畑の中で栽培するわけではありません。

水をたっぷりと張った田んぼの中で栽培します。

田んぼの泥や水に含まれる栄養素や微量成分を吸収し蓄えながら、レンコンは成長するのです。
 
 
<レンコンの特徴である穴は葉・茎・根とすべてつながっており、空気を通す役割を持ちます>
 
   

レンコンに含まれる栄養素 文章を隠す
 

炭水化物(デンプン)が主な栄養分です。
 生命活動を行うための大事なエネルギー源となります。

食物繊維が豊富です。
 お通じを良くすることで、腸内にたまった悪い物質を排出できます。

ビタミンCが豊富です。
 疲労を回復し、免疫力を高めます。美肌にも効果が期待できます。

・今注目の栄養素タンニンを含有しています。
 抗酸化、抗ガン、血糖値やコレステロールの調整などの作用があるとされています。
 最近の研究では花粉症にも効果があることが分かってきました。

・レンコンの粘りはムチンによるものです。
 これは、納豆やオクラにも含まれるネバネバ物質で、粘膜を保護する役割があります。
 胃腸改善、消化促進、滋養強壮に効果があります。

・カリウムや鉄などのミネラルを多く含みます。
 血圧を正常に保ったり、貧血を改善したりする効果が期待できます。

 
   

レンコンがもたらす効能 文章を隠す
  昔からレンコンは薬用としても用いられてきました。
レンコンを食することで、次のような効果が期待できます。

・便秘、胃炎、胃潰瘍など、胃腸トラブルの改善と予防

・糖尿病、動脈硬化、高血圧、など、生活習慣病の改善と予防

・風邪、インフルエンザ、大腸ガンなどの予防。

・下痢止め、咳止めなど。

 
   

花粉症にも効果アリ 文章を隠す
 

最近の研究で、レンコンには花粉症にも効果があることが分かってきました。

以下は、2008年2月13日に「ゲンダイネット」に掲載された記事です。

 レンコンの成分が花粉症に効くそうだ。13日の一部朝刊が報じたもので、
医薬品メーカーの日本アレルギー応用研究所と埼玉医科大の和合治久教授が、
レンコンの成分と乳酸菌を配合し、花粉症の症状を緩和する配合物を開発した。

 5年以上の研究の結果、レンコンに含まれるムチン、タンニン、ポリフェノールなどの成分に、
アレルギーを抑える効果と免疫を活性化する効果があることを発見。
これらの成分が、アレルギー反応を増幅させる体内のリンパ球の発生を抑制し、
その結果、花粉症の原因となる抗体の発生を抑えるというメカニズムだ。
これにアレルギー抑制作用で知られる乳酸菌を配合することで、さらに効果を増大させた。

 みそ汁やお茶にこの配合物の粉末を入れて摂取する臨床試験の結果、
3カ月で81%の被験者に花粉症の症状の緩和が見られた。
毎年今の季節、花粉症に悩まされる人には朗報になりそうだ。

 
   

ページの上へ戻る


水の子会  【代表/上村茂則】  【TEL/0965-52-6727】  【FAX/0965-52-5027】  【Mail/mizunoko@sage.ocn.ne.jp
   Copyright(C) 2005-2009 mizunoko Co.,Ltd. All rights reserved.     当ホームページの内容の無断転載を禁じます。