在来種にこだわり続けて20数年。 かたくなに古きよきレンコンの品種を守り続けています。  水の子会
おいしい根物野菜 文章を隠す
  皆さんは、レンコンを食べたことがありますか?

漢字で書くと「蓮根」ですが、レンコンはその名の通りハスの根(地下茎)です。

その根が発達して肥大化した部分が、食用として収穫されます。

下の写真は水の子会のレンコン畑。

一面に広がるハスの葉の下には、レンコンがすくすくと育っています。
 
 
<一面に葉が広がるハス田>
 
   

水の子会のこだわりレンコン 文章を隠す
  水の子会のレンコンは、熱意と信念を持って育てた自慢の逸品です。

1 在来種のハスからとれるレンコンです。
水の子会では、大賀ハス(*)によく似た在来の品種を育てています。
品種改良がまったくされていない、いわゆる在来種のハスで、
おいしくて栄養価の高いレンコンとの評価を全国からいただいています。
(*オオガハス:2000年以上前の種から発芽したもので古代ハスとも言われる)

2 殺虫剤や除草剤などの農薬を使っていません。
せっかくの在来種レンコンも、安心して食べられるものでないと意味がありません。
食べる人の安全はもちろん、環境のことも考えた結果が 完全無農薬栽培 です。
どうぞ安心してお召し上がりください。

3 感謝の気持ちを込めて育てています。
ハス田の隅に「ありがとう」と書いた杭を立てたり、
ハスの葉をなでながら感謝の言葉をかけたりして大事に育てています。
そうすると、私たちの気持に応えるようにスクスクと育ってくれます。

 
 
<春、レンコンの植え付け>
 
     
 
<夏、ぐんぐんと伸びるハスの葉>
 
     
 
<秋〜冬、いよいよレンコンの収穫>
 
   

こだわり続けて20数年 文章を隠す
  下の写真は水の子会で栽培している在来種のレンコンです。

形や色が多少悪いですが、普通のレンコンより味がよく、
漢方として用いた場合、非常に高い効果を得ることができます。

もちもち、サックリのこの歯ざわりは、
改良された品種では味わえない美味しさです。

しかし、このレンコンを栽培するには大変な苦労が伴います。
なぜなら、品種改良していない原種なので、ハスの茎がとても長く、
台風が来て強い風が吹くと、すべて倒れてダメになってしまうからです。

それでも私たちは、この素晴らしいレンコンを作り続けていきたいと思います。
 
 
<水の子会の在来種レンコン>
 
   

幻のレンコン蜜 文章を隠す
  私、上村は以前からレンコンの蜜を採取したいと考えていました。

しかし、水の子会のレンコンは風に弱く、すぐに倒れてしまいますので
蜜どころかハスの花すら咲かない状況が続くこともあります。

それでも待ち続けること数年、台風の少なかった2008年に、
水の子会のレンコン蜜を奇跡的に採取することができました。

採取したレンコン蜜の効能は素晴らしく、口内炎がよくなったり、
のど飴の味がまろやかになったりとまさに奇跡の蜜と思えるほどでした。

 
 
<ハスの蜜を集めるために置かれた蜂の巣箱>
 
   

レンコン加工品のご案内 文章を隠す
  株式会社水の子では、水の子会のレンコンを100%使用したレンコン加工商品を製造・販売しております。  
 
   <レンコン粉>       <レンコンのど飴>        <レンコンうどん>      <レンコンそうめん>
 
  これらの商品は、 ヤフーショッピングサイト「水の子ショップ」 でお求めいただけます。  
   

ページの上へ戻る


水の子会  【代表/上村茂則】  【TEL/0965-52-6727】  【FAX/0965-52-5027】  【Mail/mizunoko@sage.ocn.ne.jp
   Copyright(C) 2005-2009 mizunoko Co.,Ltd. All rights reserved.     当ホームページの内容の無断転載を禁じます。